関係が深い睡眠と糖尿病改善の関係

糖尿病改善のためにできることというとどのようなものを想像するでしょうか。
おそらく、食事や運動というものをイメージされるかと思います。
もちろん、それらも改善には役立つのですが、「睡眠」もまた大切な要素となっているのです。
そこで今回は、睡眠と糖尿病改善について考えてみましょう。

睡眠と体内の仕組み

睡眠をとらない状態が続くと「遊離脂肪酸」というものの濃度が高くなってしまいます。
これは、糖尿病の悪化につながってしまうのです。
また、睡眠不足は「脂肪を摂取したい」という指令を脳から出してしまうという研究発表もあるのです。
このことから、睡眠は糖尿病改善に非常に大切なものであるという事がお分かりいただけるでしょう。

睡眠と食事の関係性について

先のことから、睡眠と食事には関係があるとお分かりいただけたかと思います。
少し掘り下げて考えていくと、睡眠不足ですとどうしても「夜型生活」になってしまいます。
その結果、朝食を食べない・夜に集中して食事を摂取してしまうという傾向が出てきてしまうのです。

こうした習慣がついてしまうと、血糖のコントロールが上手にできなくなってしまうのです。
また、睡眠の質も悪化してしまいますし結果として糖尿病に対しても良い影響を及ぼさないのです。

食物繊維を増やすと睡眠につきやすくなるなどといわれていますので、これらを夜に摂取して睡眠環境を整えるなどするのも良いでしょう。

改めて考えたい睡眠のこと

睡眠は糖尿病改善はもちろんのこと、自律神経系の乱れを正したり、免疫力を上げるなどというさまざまな効果があるのです。
健康的なバランスの中で改善を進めていくためにも睡眠は非常に大切であるといえるでしょう。

関連する記事

    None Found