スローカロリーを実践して糖尿病改善へ

糖尿病改善のために、自ら行えるアプローチというものはいくつかあります。
その中の1つに「食事」がありますが、これは代表的な策ともいえるでしょう。
そんな食事に関することですが「スローカロリー」というものはご存知でしょうか。
糖尿病改善にも役立てることができるというスローカロリーについて見ていきましょう。

スローカロリーの実践方法

血糖値の急上昇を防ぐ食事方法のことをスローカロリーと呼んでいるのですが、すぐにでも実践できるのが「食べ順」です。
具体的に触れていくと、まず最初に野菜類や海藻類・きのこ類などといった食物繊維の含有量が高い食べ物から口に運びます。
その次に、たんぱく質の源となる肉類や魚類を食べましょう。
そして、最後にご飯やパン・麺類などといったという質の高いものを食べるのです。
こうすることによって、血糖の上がり方を緩やかにすることができるのです。

同時に抑えておきたいポイント

このスローカロリーですが、3食しっかりと食べることが大切です。
そして、環境などによっては難しいかもしれませんが、決まった時間帯に食事をとっていただければと思います。

中には「前日、カロリーを摂取しすぎてしまったから」と極端に食事量を少なくしたり断食をしたりという方もいらっしゃるようですが、こうしたアプローチはあまりおすすめできません。
低血糖を引き起こしてしまいやすいですし、逆に脂肪をつきやすい体内環境を作ってしまうかもしれません。

スローカロリーを実践してみよう

身体にも優しいですし、ストレスもたまりにくいスローカロリーという改善方法について今回は触れていきました。
糖質制限などは健康に害が出てしまう事もありますから、まずはこうした方法から実践していくとよいでしょう。

関連する記事

    None Found