ちょっとしたポイントで糖尿病改善の運動が楽しくなる

糖尿病改善のために運動をと考えている方もいらつしゃるでしょう。
とはいえ、運動の習慣がないという方や得意ではないという方は実践しにくいかもしれません。
継続的に行うためにもここでは、運動を習慣化させることについて考えてみましょう。

目標設定と時間の使い方について

まず「頑張ろう」と思われるかもしれませんが、最初は目標設定は低くしていただくのが良いでしょう。
高すぎてしまうとモチベーションがついていけないということはよくあるケースです。
何より継続させることが大切ですので、低いところからクリアを目指していきましょう。

時間についてですが「ながら」でも構いません。
要は、二条生活における活動量を増やすという意識で良いのです。

テレビを見ながらストレッチをするのも良いですし、よく言われているようにエスカレーターの代わりに階段を使うなどというのも良いかと思います。

結果と喜びを作ることも継続のポイント

また、運動の結果というものを記録に残しておくのも良いでしょう。
達成感もやる気も出やすくなるポイントです。
簡単なもので良いので取り入れてみるとよいでしょう。

と、同時に「ご褒美」を用意しておくのも良いかもしれません。
小さなことで構わないのです。
例えば、運動が終わったら少しのんびりと入浴をしよう・ゆっくりとしながらテレビを見ようなどというもので十分なのです。
「終わった後の喜びがある」という環境を作っていただくことで継続もさせやすいのです。

運動を楽しく続けること

継続させるには少しずつ・喜びを感じる・楽しむという事が大切になってきます。
ですから、これらを意識して糖尿病改善を実践していただくことをおすすめしたいと思います。

関連する記事

    None Found